セノビックとアスミールの違いについて

セノビックとアスミールの違いについて

どんな商品にも競合がいますが、セノビックにもライバルの商品があります。
広めに言えば子供用サプリメント全てがライバルですが、成長飲料という分野においては昨年ライバルが現れました。
その商品の名前が、アスミールと言います。

 

同じ成長期応援飲料というだけに、どちらを購入しようか迷っている方もいるみたいですね。
お悩みサイトをチェックしてみたら、両者の比較で迷っている方の投稿が幾つかありました。

 

自分が調べた限りなので正確な数値は実際に確認して欲しいのですが、違いとしては栄養素の量でしょうか。
ちょっと言いにくいですが、アスミールの方が栄養素のほうでは上かもしれません。

 

というのも、セノビックって1日2回が標準的な量なんですね。
これだけ飲ませることで、子供に1日に必要と言われている栄養素を補えます。

 

一方のアスミールの場合はセノビックよりも少ない、1日1回で済みます。
ということは、作る回数と言うのは最低回数になるわけですね。

 

セノビックもアスミールも成長飲料ですから、この作る回数が少ないのは大きいです。

 

何故なら牛乳を使用するので、作り終わったらすぐに洗わないといけないからです。
時間が経過すると、シェイカーとかコップにニオイが付着するからです。

 

アスミールの方がセノビックよりもかなり後に登場しましたから、いわゆる後だしジャンケンです。
当然セノビックのことを調べてから作ったでしょうから、優れた点があるのはむしろ当然なんですけどね。
劣っている部分があれば、どうして参入してきたんだということになりますから(笑)

 

他の違いとしては、アルギニンの有無というのもあります。
セノビックではアルギニンは含まれていませんが、アスミールは配合されています。

 

アルギニンは成長ホルモンの活動を助けると言われており、最近子供用のサプリではよく使われています。
量に関しては賛否ありますが、身長に対する意識もあるのであれば、無いよりは含んであるほうが良いと思います。

 

セノビックを今愛飲しているなら、そのままで構わないです。
ただ迷っていて、身長に対するこだわりもあるのであればアスミールの方が良いかもしれません。
値段も変わらないので、正直作る回数が減るアスミールは凄く便利だと思います。